Eco Protector

装着するだけで、熱損失を防ぎ、熱を逃がさないからEcoなんです。カバーをするから、火傷などの災害をProtectしてくれます。だからEcoProtectorと名付けました。

主な特徴

●大きな省エネ効果
Eco Protector保温効果の測定
【資料】
Eco Protectorをタンクに装着し、125℃設定の液体を平均14.75時間ほど放置した場合の液温状態を1年間計測したグラフ
※装着しなかった時は、液温が70℃まで低下していた液温が100℃以上という驚きの結果。
株式会社 王将フードサービス様 実測データより
1.放熱防止
タンクや配管設備からの放熱を約14%に抑えます。
2.CO2と経費を削減
放熱で下がった温度を、必要温度まで加熱するときの燃料費(CO2)が大幅に削減されます。 また、立ち上がり時間の短縮で作業者の手持ち時間も減らせることになります。 更に、室内の空調関係の設定温度も上げることが可能となり、さまざまな省エネ効果をもたらします。
●脱着式

脱着式だから、タンク及び機械設備などの点検・修理時での取り付け、取り外しも簡単で、誰でも装着することが可能です。
また、専門性を伴う保温工事のように無用な廃棄物を出すことはありません。

脱着式解説イメージ|写真提供 株式会社王将フードサービス様
●保護

高温設備をカバーしますので、火傷の防止や機械類への傷付き防止にも役立ちます。

●オーダーメイド対応

特注品や設置済みで複雑な後付け機器が取り付けられていても採寸型取りいたしますので、どのような設置にも取り付け可能です。

  • オーダーメイド対応イメージ|写真提供 株式会社王将フードサービス様

    【配管が出ていてもOK】

  • オーダーメイド対応イメージ|写真提供 大手樹脂加工株式会社様

    【形状が複雑でもOK】