ドライアイス洗浄

コンテナバッグの洗浄から始まり、ドライアイス洗浄という新たな可能性のステージへと。
私たちは「洗う」という戦いの場で進化する「SENJYO EVOLUTION COMPANY」です。

●ドライアイス洗浄サービスのご案内
  • 出張クリーニングでドライアイス洗浄致します。
  • 取り外し可能なものは、送っていただければドライアイス洗浄してお返しすることもできます。
  • デモOK!ドライアイス洗浄のすばらしさを実感して頂くため、出張デモやサンプルによるお試しドライアイス洗浄も行います。「お気軽にお問合せ下さい」

主な特徴

●ドライアイス洗浄の仕組み

汚れには様々なものがありますが、製造のための設備機械に汚れが付着したままの場合、
品質のバラツキや不良の原因となったり、余計なコストを生じたりします。

ドライアイス洗浄は圧縮空気を使って、粒状又は、パウダー状のドライアイスをサンドブラスト(砂)やビーズブラスト(プラスチック)のように洗浄物に吹き付けて汚れを落とします。

STEP01
細かいドライアイスを圧縮エアーで吹きつけます。
STEP02
ドライアイスの吹き付けで付着物の表面温度が急激に低下し、熱収縮によって付着物が脆くなります。
STEP03
ドライアイスは付着物の隙間に入り込み昇華します。その際に750倍の体積膨張が発生し、その力で付着物だけをドライアイスが剥離させます。
●ドライアイスペレットとドライアイスパウダー
  • dryice_img01

    【ドライアイスペレット】

  • dryice_img02

    【ドライアイスパウダー】

ペレット状のドライアイスは主に鋳造や金型、グリスや塗料などの洗浄に効果があります。
ペレット状のドライアイスをさらに細かく粉砕し、パウダー状にすることで複雑な形状をした金型や精密金属、配電盤や分電盤など幅広い対象物の洗浄が可能です。

硬いイメージがあるドライアイスですが、実際にはドライアイスは柔らかいもなので対象物にキズをつける心配はありません。ドライアイス洗浄は、水を使わないため通電設備の洗浄も安心です。

dryice_img03
●作業・洗浄イメージ ※画像をクリックすると拡大されます。
  • dryice_img04

    通電設備の洗浄

  • dryice_img05

    金属板に付着したワニス

  • dryice_img06

    タイヤの金型に
    付着したゴムと加流剤

  • dryice_img07

    製菓金型に付着した焦げ

  • dryice_img08

    製菓金型に付着した焦げ

  • dryice_img09

    製菓金型に付着した焦げ

●その他の洗浄例

【ドライアイス洗浄の例】

  • 食品・飲料水関連のタンク内の残留物、ベルトコンベアの油の焦げ付き、オーブンの焦げ、ダクト内の油汚れの除去
  • 船舶の外壁塗装のはつり、船底のフジツボやエンジンの油汚れの除去
  • 薬品撹拌機内の残留物(鏡面仕上げ仕様)
  • 印刷機械の塗料、グラビアインク、塗装ブースの塗料汚れなどの除去
  • 熱交換器のフィルター清掃、脱臭装置のシリカ除去
  • 鉄道車両の車軸やパンタグラフに付着した鉄分・泥汚れなどの除去
  • 化学薬品タンク内の残留液体、液体の結晶、フッ素樹脂、エポキシ樹脂、ほか付着・残留物の除去
  • 金属の錆の除去